Home

"ボリビア【その他】"

« || 1 || »

ペルーボリビアで気づいた事

ペルーボリビアで気づいた事をいくつか挙げていたら、結構沢山になったので報告します。

以下箇条書きで。。。



・日本製の車がかなり走っている(トヨタ、日産、三菱等)

やはり日本の一番重要な産業は車なのかと思わされるほどの日本車の多さ。
どこもかしこでも日本車。スピードメーターやキロ表示メーターが壊れ、窓ガラスが割れた日本の中古車も走る。
何キロ走ってるのか分からないが、20万キロはゆうに越えていそうだ。
運転手に尋ねたところ、やはり日本の車が一番タフで長持ちするとのこと。
しかし値段は日本で買うより高い。
中古車業者は随分と儲かっているに違いない。

ウユニ塩湖でも99%トヨタのランクル
null
だったし、こういう時に日本の技術力の凄さを再確認させられる。
ちなみにこんな車や
null
こんな車も
null
塗装を落とさずに平気に走っている。
運のいい人は、昔自分の使っていた車を南米で発見することができるかもしれない。



・日本のアニメ(ナルト、聖斗星矢、キャンディキャンディ、ドラえもん等)も大人気。

街角のお土産屋などでテレビを見ている現地人を観察すると、アニメを見ている人がたまにいる。
null
Tシャツにアニメキャラクターをプリントしているおっさんも結構いるし(日本にいたらかなり怪しい人として見られる事は間違いないだろう。)いきなり「ナルト!!」とか叫んでくる訳の分からない奴もいる。
ちなみに、ペルーではキャンディキャンディの主題歌が携帯の着信音の基本設定らしい。
みんなの着信音がキャンディキャンディだったら面白い。



・政治への意識が高いし、スト、デモ等も多い。

街を歩いていると、政治家の写真や大統領の名前があちこちに氾濫している。
ペルーの山にも次期大統領選に出馬するフジモリケイコやその政党の名前がでかでかと書いているし、
null
ボリビアのエボ大統領の写真はどこに行っても見ることができる。
ちなみに、これはペルーであったバスストライキの時の新聞写真。
null
バスストライキを破る会社があれば、すぐさま路上にバリケードが張られ、投石される。
null
おかげで、バスのガラスにもヒビが入っている事がある。
null



・携帯屋さんの商売がある。

ペルーで歩いていると、携帯を5個以上ポケットの中に入れている人がいる。
null
別に彼らは趣味で携帯を大量に持っている訳ではなく、お金を貰って電話を掛けさせてやる商売をやっている。とても面白い。日本でやっても、みんな携帯持ってるから需要はなさそうだけど、よく考えるな~と思った。



・高地はすぐ息が切れる

これは非常に困る。街を歩いているとすぐに疲れるてしまう。
強盗に遭った時なども、走ってもすぐばててしまうので、逃げる事はすごく厳しいと思う。
ちなみに、高地に住んでいるインディヘナが平地に降りて10年後とかにまた高地に上がると、平地に適応してしまったのか、残念な事だが一般人と同じく高山病になってしまう人もいるらしい。



・高地はおならがよく出る。

なぜか分からないが、よくおならが出る。
これはまあどうでもいい情報だろう。



・高地は酒に酔いやすい。

酒を飲むと高山病を助長するというが、それでも酒を飲んでいると、すぐ酔ってしまう。
しかも、息が苦しくなってしまうので夜中呼吸困難で目が覚め、気持ちよく朝を迎えられないので、飲む前には覚悟が必要である。
それを分かっているのか、高地の人は祭りの時以外、あまり酒を飲んでいる感じがしない。



・高地はタバコが全然なくならない。

これもどうでもいい情報だが、タバコ1本吸うのに平地の倍ぐらい時間が掛かる。
しかも息が苦しい。



・高地なので、雲が近い。

結構雲が近くて、驚かされる。綺麗だ。



・高地の人はみんなコカの葉が大好き

インディヘナがなんかムシャムシャやってるなと思ったら、それはほぼ間違いなくコカの葉。
null
コカの葉は高山病によく効くというのはよく知られている話であるが、、高山病に掛かる訳のないインディオがムシャムシャやってるのをみると、インディヘナはただ単にコカの葉が好きなようだ。
ちなみに、コカの葉はコカインとは違うので、ハイになったり幻覚作用があったりする事はない。
コカインを精製するには、途方もない設備と手間が必要らしい。



・トイレに紙が流せない。

これはペルーボリビアに限らずメキシコからそうなのだが、どうやら水圧の関係上、紙を流すと詰まって大変な事になるらしい。
null
ということで、使った紙は横のゴミ箱に捨てる事になる。日本の水圧が懐かしく感じる一瞬である。



・トイレに便座がない

まさかまさかの話だが、大多数のトイレに便座がない。便座をつけていると、盗難されてしまうかららしい。ということで、大をするときは直におしりを便器につけるか、空気椅子で耐えるしかない。直におしりをつける事ができない人&下痢気味の人は、長時間の空気椅子で自然と太ももの筋肉が発達するに違いない。



・そして、そんなトイレのくせにお金を取る。

意味が分からない。人間の生理現象に料金が発生するのは日本人の僕には理解できない。




以上、ペルーボリビアで気づいた事を集めてみました。

それでは、また!!
« || 1 || »

Home

Page Top