Home

"メキシコ【カンクン】"

« || 1 || »

カンクンで沈没

旅人の会話中よく出てくる言葉がある。


「沈没」


まさにこれは、廃人のように、または沈んでしまって行き場のない船のように1カ所に留まり、本当に食べる寝る散歩するとか以外、ろくにほとんど何もしない生活を旅先で送ることだ。



そしてこの度、


僕も


ついに


カンクンで行き場のない沈没船になってしまった。







最初の予定では、キューバで盗られたトラベラーズチェックの再発行の手続きをする為に、1週間位カンクンにいて、その後グアテマラで2週間ほどスペイン語の勉強をし、年越しをカンクンで過ごす予定だったのだが、滞在が1週間延び、2週間延び、3週間延び…


結局


5週間


カンクン


在住(どっちかというと住んでました。)




ちなみに【カンクンでの1日の流れ】

朝起きる。

朝食

昼ご飯(大体近くのタコス屋か、定食屋)

昼過ぎからビール

部屋or公園でギターを弾く

本(漫画、司馬遼太郎)を読む

ハンモックでのシエスタ(昼寝)

インターネット

買い物

将棋

シェア飯

寝る


という、日本で働いていた頃には考えられないような優雅な?ダメ人間生活。



元来ののんびり体質に加え、


カンクンロサス7でのシェア飯、

(なんとロサス7の管理人Nさん夫妻は、2人だけで毎日トンカツやらハンバーグやら、日本人旅行者が見ただけでよだれを垂らしてしまいそうな超美味シェア飯を作ってくれた。ちなみにシェア飯とは、みんなでお金を出し合ってご飯を作って、みんなで食べる飯の事。Nさん夫婦、本当にありがとうございました。)


トラベラーズチェックの手続きが予定より大幅に遅れ、グアテマラに滞在できる時間が1週間のみになってしまった事、

(もはやトラベラーズチェックの時代ではない事を実感。)



これらが沈没の大きな理由。



しかしまあ、今振り返ってみると、旅をしているいろいろな人といろいろな事について深く話せたし、司馬遼太郎「龍馬がゆく」も5巻まで(完読できなくて無念!!)読めたし、これもまあ旅の1つ、まあ良かったのかな?と自分で自分を励まし、これから南米ペルーの首都、リマに向かいます!!


それでは、また!!


ビバ、沈没生活。

カンクン、そして憧れのキューバへ

ついに明日から3週間、憧れのキューバへ行ってきます!!

キューバといえば…

カリブ海
モヒート
サルサ
チェゲバラ
社会主義

というイメージなのですが、生のキューバはどうなのか、実際に自分の目で見て来ようと思います!
キューバ用に新しいカメラも買っちゃったし、期待は膨らむばかりですね。

ちなみに、メキシコのカンクンからだと、ツーリストカード込みで238US$でハバナまでの往復航空券が買えます。
クバーナ航空という、テイクオフ直前に座席から白い煙が上がるという噂の、ちょっと怪しい航空会社ですが…

キューバでは、どうやらネットは繋がんないらしいので、3週間後にまた報告したいと思います。

それではまた!!
« || 1 || »

Home

Page Top