Home

ウエキケンタの世界一周研修旅行

« || 1 | 2 | 3 |...| 14 | 15 | 16 || »

旅の準備①(予防接種編)

今まで、海外(特に途上国と呼ばれている国)を旅行するとき、僕が一番恐れていたのが、現地で病気にかかることだ。
帰ってきてからも授業があるし、先生が伝染病にかかって帰ってきたとなれば、授業もストップし、正直生徒にとっては迷惑極まりない話だろう。(いや、むしろ嬉しいのか?)
伝ちゃんとか、赤痢くんとかいうあだ名をつけられる可能性も否めない。それは個人的にも嫌だ。

また、ほとんど2週間くらいの旅だったので、腹痛になって足止めを食らい、帰国できなくなる事態も避けたかった。そのため、狂犬病や肝炎、破傷風、その他の伝染病にならないように注意するのはもちろん、なかなか無理な冒険はしなかった。基本、犬には近づかない。まあ、犬は元から苦手だったのもあるけど。インドではダフィー?(飲むヨーグルト的な飲み物)飲みたかったし、ガンガーで沐浴もしたかったけど、「赤痢になるかもしれんよ?」という悪い噂も聞き、結局ガンガーには恐る恐る手をつけただけだった(僕は結構びびりなんで…)。今考えると、もったいない…まあ、そのおかげか、幸い今まで現地で病気にかかったことは一度もない。

しかし!
今回の旅は!!
そんな事全く気にしないで済む!!!

ガンガーで沐浴できる!
現地の食べ物を、余裕で食べれる!!(多少のリスクはあるが)

でも、いったん冷静に考えると、正直訳のわからない病に犯されるのだけは恐ろしいんで、とりあえず、予防接種だけは受けとこうと思い、今日初めての予防接種に行きました!!!(結局びびってるだけですが…)


記念すべき予防接種第一本目は!
その名も!!

「破傷風」!!!

傷口から菌が入ってしまうというまじで恐ろしい悪魔の病!!!!


タウンページでいろいろな病院に電話して、一番安かった千○橋病院という福岡の病院で受けたため、検疫所より875円安い2625円で受けることができました!

ちなみに、僕の場合、幼い頃に三種混合(破傷風、ジフテリア、百日咳の混じった予防接種)を受けていたので、この一回で破傷風は終わるようです!

次回の予防接種は来週水曜日!A型肝炎の予防接種(検疫所で8000円×2回)!た、高い…

以上、ウエキケンタでした!

旅の計画①(大まかな計画)

どーも、ウエキです。
今回は旅行の計画を書こうかと思います!


学校に勤める前は、「計画なんて立てなくても勢いだけでなんとかなるぜ、ふざけんなぼけ~いやっほー!!」っていう完全なるO型タイプ?だったのですが、ここ2年間の、授業計画→準備→実行という繰り返しの日々のおかげで、何かをする前にはいろいろ考えて大まかな計画を立てる→実行という癖がついたみたいで…


何も考えてなかった昔からしたら、いい癖がついてよかったな~と考えている今日この頃です。



大まかな計画として考えているのは、

①5,6月出発!!!東回りで1年間世界一周(北米→南米→欧州→アフリカ→軽く中東→インド)!!

②インドにて1年間、教師ボランティア的な事をする!!

この時点で金が尽きたら帰国!
もしもアジアを回れるお金が残っていたら…

③アジアをぷらついて帰国!!


書いてるだけでもわくわくします(^^)


ちなみに、予算は最初の1年で150万、インドで50万!!!合計200万!!!

いろいろ調べてみると、世界一周旅行者としては、結構最低ランクの予算だと思うし、これでほんとに足りるのかわかんないけど、とりあえずかなりの貧乏旅行になりそうです。

訪れる国をどこにするのかとか、世界一周航空券を使うのかなどはまだ決めてないし、予防接種などの準備もたくさん残ってるので、それはおいおいアップします。


それではまた!!

自己紹介&動機

どーもこんにちは、ウエキケンタと申します。
25歳の男で、3月まで高校で2年間、教師をやってました。

5,6月から世界一周に行こうと思い、どーせなら自分の旅の記録をする意味でもブログとか書こうかと思い、世界一周堂さんに相談したところ、快諾してもらい、こうやって書き始めました。石井さん、ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。


思えば、幼い頃から、外国に興味があった。
テレビで、アジアアフリカのいわゆる恵まれない子供達がいるということは知っていたが、本当にそんなことあるの?と疑問に思っていた。それが現実なのか、自分の目で実際に見たかった。もしそれが現実ならば、自分のできる範囲で何かしたいと思っていた。

高校のころ、とりあえず外国に留学したいと思っていた。しかし、なんのきっかけも、勇気もなく、ただただ流れる時間に流されていた。
そして流れるままに大学へ。毎日のように飲んだくれて、友達と遊ぶ毎日。人生の事など何も考えることなく、ただただ楽しい毎日を過ごしていた。ボーイスカウトの先輩が昔、アジアをバッグ1つで旅をする、そんな話を聞いて胸を躍らせたが、そんなことをする勇気も、金も、その金を稼ぐ根性もなかった。そんな中、大学4年の時になってやっと僕にとっての転機が訪れた。オーストラリアへの1ヶ月海外研修。他の友達が就職活動を始める中、ぎりぎりで行くことに決めた。やっと外国に出れた。
とりあえず、学校に就職が決まった。社会人になって、給料ももらえ、教師という仕事柄、長期の休みもある。これ、夢のバックパッカーになれるやんと思い、休みの度に、アジアに出かけた。やっとバックパッカーになれた。カンボジアでは、孤児の学校で日本語を教えたし、インドでは変な占い師に騙されそうになったし、ベトナムでは現地のバーで働いている日本人と知り合いになり、夜のベトナムを徘徊した。全てがいい経験になったし、全てが僕の知らない世界だった。そのうちに、日本の子供達、自分の生徒、その他様々な人に僕の体験したこと、世界の現状を伝えたいと思った。実際に授業の中で、写真見せたりしたこともあった。

2年間の教師生活の中で、気づいたことがある。目が輝いている生徒が少ない。なんとなく、流れるままに生きている。特にやりたいこともないし、なんとなくみんなが行くから高校に行き、これからは多分大学か専門学校か、就職かするんだろうみたいな。昔の自分と重なった。
そんな生徒に僕は時々授業の中で、「やりたいことやろうぜ!人生楽しく過ごさな意味ないやろ!死ぬ時後悔しないような生き方しようや!!」といっちょまえに言うことがある。しかし、去年の夏頃、ふと思った。自分は本当にやりたいことをやっているのか、自分の人生を楽しく、死ぬとき後悔しないように過ごしているのかと。口では立派な事を言っているけど、自分が実際やってないのに、その言葉に説得力があるのかと。ないと思った。

教師って、子供に夢を与えられる仕事だと思う。しかも1番身近な所で。本当に自分のやりたいことをやっている人は輝いていると思う。そして、そんな大人の背中を見て、子供は成長していくのだと思う。そんな大人に僕はなりたい、そう思った。

「よし、旅に出よう!!」

僕の決心は固まった。


なんかしょっぱなから、暑苦しい感じの文章ですいません(笑)自分でも読み返して、何だか恥ずかしいですが、これが僕が世界一周をすると決めたきっかけと言えばきっかけです。

飽きっぽい性格のため、なかなか更新が不定期になるとは思います。また、世界の学校を見て回るより、自分が楽しいと思う方向に行ってしまう可能性が極めて高いですが、もし良かったらたまに覗いて見て下さい!

それでは、また!

test

test
« || 1 | 2 | 3 |...| 14 | 15 | 16 || »

Home

Page Top