Home

世界一周放浪記☆世界と遊ぼ!

« || 1 | 2 | 3 |...| 25 | 26 | 27 || »

日本にて


2010年9月、無事日本に帰国しましたっっ。

去年の10月に出発して、アジア、北アフリカ、ヨーロッパ、南米、北米と、世界を回ってきました。

短かった!長かった!おもしろかった!楽しかった!時々淋しかった!いろんな人に出会った!いろんなものに出会った!日本が恋しかった!もっと旅を続けたかった!疲れた!etc.
旅を終えて、いろんな思いがあります。

1年間、よく遊びました!!!!!

なんだか軽い表現のような気もしますが、でも、こういうことなんだと思います。うん。

訪れた国 30カ国
良かった国 全部
悪かった国 なし
もう一度行きたい場所 インド ネパール 北欧 定番だけどロンドン、NY
もう行かなくていい場所 パリ
物の被害 あめちゃん数袋(インドにて)
体の被害 チュニジアとアムステルダムで全身ダニ刺され インドで猫にかまれる なぜかトロントで下痢
おいしい料理 タイ ペルーのセビッチェ(お刺身のレモン風味) ペルーの魚介スープ エジプトの屋台にあるボルシチみたいなスープ カトマンズとラパスの日本食 世界中の中華。などなど、ほとんどどの料理もOK。
いまいち料理 モロッコのクスクス NYのソルトベーグル モンサンミッシェルのオムレツ
最高の星空 ウユニ(ボリビア)
グッドな朝日 マチュピチュ(ペルー) アンコールワット(カンボジア)
グッドな夕日 リシュケシュ(インド) ロバニエミの白夜の夕方(フィンランド)
グッドなダイビングスポット ダハブ(エジプト)
体力があるうちに行くことをお勧めする場所 シナイ山(エジプト) カンボジア各遺跡 マチュピチュ(ペルー) ウユニ(ボリビア)
長期旅行であると便利なもの 飛行機のブランケット(薄くて軽くてあったかい)
旅行で不要だったもの 変圧器
長期旅行で必要だと思うこと 無理をしないこと
日本に帰ったら食べたかった物 お母さんのごはん 日本のお菓子
海外で習ったこと タイマッサージ ヨガ ダイビング 各国語でのあいさつ
日本でこれから習いたいこと ギター
日本人旅行者にもらったもの あめちゃん(いろんな国でゲット) 洗濯洗剤 石鹸 シャンプーリンス 本 ガイドブック ロンドンのSuicaみたいなやつ これから行く国の小銭 日本円 帽子 即席味噌汁 冷えピタ
外国人旅行者にもらったもの スニッカーズ アイスランドの溶岩 出身国のお菓子 フルーツ 焼き鳥 ビール
拝借したもの(盗み?・・・) 飛行機のブランケット ホテルのタオル 宿で発見した日本語の本(各国にて)
気になる一言 「Welcome」(エジプトで、たくさんの人に通りすがりに言われた。うれしい。)
「I like your pants」(ストックホルム。通りすがりになぜかズボンをほめられた。2回も言われた。)
「いってらっしゃい!」(タージマハル。日本人のツアー客の人に元気をもらった。)
「Boy or Girl?」(エジプト。南米でもよく「セニョール」と言われた。。)
美男 エジプトの若者(反対意見多し)
美女 北欧かな
けっこう嫉妬を覚えること なぜ欧米人旅行者は無造作でもかっこよく見えるのか。
後日談 クロアチアでお世話になったアナおばあちゃんは私のことを少年だと思っていたらしい(ブログを読んで泊まりにいってくれた友達からの報告)
外でトイレした国 インド ペルー(マチュピチュ遺跡) ボリビア(ウユニ塩湖とかいろいろ)
今でも不可思議なこと なぜ南米のトイレの大半は便座がないのか(便座がないので中腰でする。)。
むむむと思うこと 日本は中国の一部だと思っている人がけっこう多い。
心配なこと この真っ黒な肌が元に戻るのか。
次旅行するなら 中東 南米の南の方 日本縦断

とにもかくにも、いろいろなところでたくさんの人の優しさに触れ、旅を続けることができました。旅で出会ったみなさん、そして日本で応援して下さったみなさんに感謝感謝です。
ありがとうございました★

さて、次の目標はいかに!?

ハワイで静養


アジアはのんびりのんびり旅をしました。
でもマルタに入ってから、ヨーロッパ、南米、北米と忙しく歩き回りました。

日本に戻る前に、そのトーンを少しダウンさせてのんびり旅行を振り返るために、しばしハワイで休息。
休息って、この1年休んでるんですけどね。汗。

ビーチにマットをひいて、日がな寝転んでいます。

少しアクティブになったのはダイビングの時くらい。
せっかくのハワイなんで潜っておこうかな、と。
でっかい海亀とサメといろんなちっちゃい魚に出会いました。

そしてまた、マットに寝転ぶ。

日に焼ける。

黒い。
黒ぃ。



ブラボー!ブロードウェー!


NYといえばブロードウェー!ここは外せませんっ。

ライオンキング
nullnull

一番前の席で、演者さんのつばまで見えましたっ。
お父さん役の人、つば飛ばしすぎ!笑。

少し大西ライオンが頭をよぎるも、完全に舞台に吸い込まれました。すごい!!!
特に衣装。というかセットというか、とにかく動物の表現がすごいっ。おもしろいなー!

一人すごく目が合う演者さんがいて、最後幕が下りるときに手を振ってくれました。

マンマミーアも良かったけど、ライオンキングもすばらしい!

☆オフブロードウェー「ブルーマン
null

なんだかとっても洒落ています。現代的、というか。
腕もフリフリ、首もフリフリ、声も出し出し、ノリノリで参加してきましたっっ!!

けっこう客をいじるので、舞台に上げられたらどうしよう、なんていらぬ心配でどきどきしながらの鑑賞。

実際何人か舞台に上げられていましたが、あれはサクラなのではなかろうか、とちょっと疑念がわく。
日本でも同じように客いじりをするのか、ぜひとも日本で確かめたい。

うん、とても洒落ていました。

NY見所多すぎっっっっ


歩いて、地下鉄に乗って、バスに乗って、タクシーに乗って、NYをいろいろめぐりました。

メトロポリタン美術館null
私の好きなフェルメール作品も充実しています。
けど、ヨーロッパの美術館と違ってゆっくり見れる雰囲気ではないかなー。とにかく人が多い!
null

自然史博物館
null
映画「ナイトミュージアム」を見て、夜になったらこれらが動くんだなーなんて思いながら展示品を見るとまたおもしろい。
イースター島に行かずして、人生2体目のモアイ像。
null
プラネタリウムも良いです(別料金)。私が行ったときはうーピーゴールドバーグの声でナレーションでしたが、その時々でナレーションの声は変わるそうです。

自然史博物館からセントラルパーク沿いに歩いていくと見えてくるのがダコタアパート
null
ジョンレノンが暗殺された場所としてあまりに有名。

セントラルバークで朝の散歩。さわやかです。
nullnullnull
セントラルパークの中に回転木馬もあります。
null

タイムズスクエア
nullnull
パンツ1丁のマッチョな男性も見れます。
null

NYといえばセックスアンドザシティ。せっかくなのでロケ地見てきました。
キャリーの家
null
結婚式の舞台となる市立図書館
null
ドラマに出て一躍人気店となったマグノリアベーカリー
null
このカップケーキ、震えが出るほど甘いです・・・。

よく食べました!
グレイズパパイヤのホットドック、ジョーズ上海のショーロンポー、ゴボーのオーガニック料理。などなど。

とても短期間では見切れません、食べ切れません、この街は。
また再び行くでしょう。Momaとグッゲンハイムに行かないとだめだしっ!

NYのとある一日


クリントンストリートベーキング&カンパニーにて朝食をとる。人気店のため、30分から40分待ったかな。

パンケーキが有名だけど、ベーコンが超うまっ!
もともとそういう製品なのか、砂糖水みたいなのにつけてからベーコンを焼いているのか、なにかよくわからないんだけど、とりあえず表面がほんのり甘いベーコン。日本でもあるのかしら。とにかく、外はカリっとしててめちゃうま!
写真撮るの忘れた・・・。

お腹がふくれた後、自由の女神に会いに行く。
スタッテン島行き無料フェリーに乗り込むと、途中で自由の女神を正面から見れます。
無料とはありがたい。

スタッテン島行きフェリー
null

自由の女神
nullnull
これぞNY!

スタッテン島に着いたら折り返しのフェリーに乗ってNYに戻る。もちろん無料☆

ちょっと曇ってて残念だったなーなんて思いながら地下鉄に乗ってブルックリンブリッジまで移動。
歩いてブルックリンブリッジを渡ります。
null
橋のロープの姿がなんとも美しい。
null

ブルックリンにて、これまた人気店のピザ屋さんに入る。
null
アメリカンなピザではなくて、生地が薄いタイプ。ドライトマトとチーズ、バジルの基本ピザにペパロニとマッシュルームを追加してオーダー。
うましっ。

ブルックリンでちと迷う。
地下鉄の駅が見つからず、ウロウロウロウロ。
人通りが少なく、少し怖い。。

いったんアパートに戻って休憩。

そうそう。NYではチェルシーにアパートメントを借りて過ごしていました。
こんな感じ。
nullnull
快適だけど、3階までの階段がかなり体にこたえます。

でも超便利な場所。ペンステーションから近い!JFK空港やニューアーク空港からはエアトレイン(ターミナル間の移動)を除いて乗り換えなしで電車で来れます。
ぜひおすすめしたい。チェルシーでの宿泊。

さて、夜10時ごろ、エンパイアステートビルに向かう。
チェルシーからは徒歩圏内。
でも夜なのでタクシー使いましたが。

さすがの夜景。
nullnull

都会だなーとしみじみ感じる。高いビルばっかり!
エキサイティングだけど、ここに一人で住んでたら寂しいだろうなー、なんて思いながら帰途につく。
« || 1 | 2 | 3 |...| 25 | 26 | 27 || »

Home

検索
配信

Page Top