Home > 準備中 > ペルーです。

ペルーです。

ペルーです。

ガイド本ありの旅とガイド本なしの旅。

どちらがより良いかは一長一短一強一弱一利一欠。

研ぎ澄まされる感覚と自分を信じるしかない心が養われている気がします。

ハラハラ感とドキドキ。

ワクワクと安堵。

いろんな感情が味わえるけど、ミスが多い。

まあそれも良し。

何事も受け入れる心が大切だと身に染みて感じます。

マチュピチュではふとipodのジブリの曲たちを思い出し、聴いてみると、、、


合う〜〜〜〜〜。

日本人がご飯と味噌汁の食べ合わせを愛するように、マチュピチュとジブリの組み合わせは天にも上る感動をダブルパンチで与えてくれて2度美味しいです。

久石譲さんが生まれてきてくれてホントよかった。

あと、ぼったくりというのはどこの国でもあることなのですが旅をしていると、人を疑う心が常に先行してしまいます。観光客は絶好のカモなのでふっかけてきます。しかし、こちらもぼったくられたくないために身構え、疑ってかかります。

だって、こっちは節約して我慢してなんとか旅してるのにその努力を台無しにされたら悔しいじゃないですか。
せっかくいい気分で買い物、食事をしているのにその気分が害されると悪いイメージを持ってしまうものです。

しかし、ぼったくられることを嫌がる=店員を疑ってかかる。これはやってて良いことなのかと自分に問うようになった。

ぼったくりと考えずに寄付だと考えれば良いような気がしてきた。お金のある者がお金のない者に寄付をする。
これは自然なこと。

インドでは金持ちは進んでバクシーシを払うし、世の中の多くの成功者は社会に大いに還元をしている。

自分もそれと同じことをしているのだと思えばなんだか誇らしく思えてくる。

けれど、値段の交渉も今の僕の楽しみの一つなのでそれはそれで楽しみながらも旅を続けたいと思う。

それではまた。

マイルup!

この記事が「面白い!」「ためになった!」「旅がんばれ!」と思ったら『マイル』をあげて下さい♪

※このマイルは、セカイチブログ内のシステムです。外部ランキングには反映されません。

Comments:1

hahaT 2009-03-11 (Wed) 01:08

充実した旅に感謝、出会った方々に感謝、健康に感謝!

この旅行記は閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

Home > 準備中 > ペルーです。

Page Top